--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/06/2007    四国のスケール
四国旅行から早1ヶ月が経ちました
今回、四国ブログも最終回となります。
最後に、私がこの旅でいちば~んビビッた場所をご紹介します!!!

それはというと…
有明浜の砂絵『寛永通宝』です

じゃじゃーん 瀬戸内海の海辺になにやら巨大砂絵発見
瀬戸内海と「寛永通宝」


ここは香川県観音寺市、有明町琴弾公園内にある銭形砂絵の『寛永通宝』です。
この砂絵、見覚えがある方、多いのではないでしょうか?!

テレビ映画「銭形平次」のタイトルバックに使用されたことがある、あの砂絵ですよ

もう、すげっー!!!でっけー!!!って叫びまくり。

琴弾公園山頂から見るとこんな感じです。
寛永通宝

『寛永通宝』銭形砂絵
寛永10年(1633)藩主、生駒高俊公を歓迎するためにその土地の人たちが、
一夜にして作ったと言い伝えられているそうです。
「銭形を見たものはお金に不自由しない」という言い伝えもあるそうですょ


近くまで行ってみると、本当に砂だけで作られていてまたまた驚きました。
でも、『寛永通宝』の敷地内に人の足跡が
「中に入ってはいけません。」という看板があるのに入っている形跡がありました
「寛永通宝」目の前

そんなふとどきもの足跡や、
台風等で砂が流され、崩れてしまった砂絵を、
毎年春と秋の2回、市民の方々の奉仕で化粧なおしが行われているそうです
市民の方々の大切に受け継ごうという心意気には頭が下がりますね…

ホントこのスケールには圧倒されちゃいました

四国は島なだけに、
独特の食文化や風土、そして人々の温かさ…が、
昔から変わらずに残っているのだな~とこの旅で感じました。

四国のあらゆるジャンルのスケールの大きさに驚きの連続
cocoaのまた訪れたい場所ベスト3にランクイン間違いなしウフフ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://cocoacafe.blog11.fc2.com/tb.php/182-21b7dfde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。